朗読者

ベルンハルト・シュリンク 【新潮文庫】

ただいま公開中の映画「愛を読む人」の原作。
映画の宣伝を見て、なになに若い男の子がケイト・ウィンスレットにメロメロになる話?よさそうじゃないの!(←K・ウィンスレット好き)
と思って読んでみた。

よくも悪くも純文学というか…なんかすごく古典っぽいのは新潮文庫の活字のせいかしら。。(笑)

しかしただの恋愛小説と思ったら大間違いで、年上の女性との甘く不安定なひと夏の恋の思い出…から一転して、実はその女性はナチスの強制収容所の看守だった!再会の場は彼女を裁く戦犯裁判の法廷!とものすごくシリアスな状況に。いえずっとシリアスですけれども。

この作家は1944年生まれのドイツ人で、まさに「親の世代は国家ぐるみで犯罪者呼ばわり」という呪われた世代なんですね。
ドイツ人だというだけでよその国の人からは冷たい目で見られ、自分たちは何もしていないのに肩身の狭い思いをしなければならない。
自分の国家と親たちに対する否定と愛着に揺れ動く、失われた世代ですね。

そのせいなのかなんなのか、主人公の「ぼく」がどうも煮え切らないんだわ。。

頭ではぐずぐず考えてああだこうだとひねくり回すくせに、実際にはなんにもしようとしない。傷ついた顔をして斜に構えているだけで、ちっとも現実と和解しようとしない。

結局おまえは何をどうしたいんじゃ―――!

と怒鳴りつけたくなるこの感じ、誰かに似ている…と思ったら、村上春樹でした。(爆)
そういえばあの人も1949年生まれ。このふわふわした頼りなさは失われた世代の特徴なのか。。

というわけで、ちっとも動かない主人公の気持ちが全然理解できなくて、なんかモヤモヤしたのでした。。

でも、このヒロインがケイト・ウィンスレットというのはすごくいいと思うの。まさにイメージはぴったり。
映画は(タイトルからもわかるとおり)恋愛モノ仕様になってるみたいだけど、いっそそのほうがいいような気がする。わたし的には映画のほうがよさそうな予感。。

2009年6月

| | コメント (77)

出星前夜

飯嶋和一 【小学館】

この人の書く話はいつも、聡明な正義の人が理不尽な目にあって死ぬという、こう言うと身も蓋もないんですけどまさにそんな感じなんです。

しかも今作は島原の乱をテーマにしてると聞いたら、もう読む前から気が重いわ。。

ほんとに嫌々ながら読み進めるんだけど(笑)、それでも最後まで読むのは、読んだらきっといいことがあるとわかっているから。
いいことというか、読んだほうがいい、読むべきという感じです。

歴史に名高いキリシタン一揆である島原の乱は、じつは藩主の苛政に追い詰められた民衆による死を賭した反抗であり、それがたまたまキリシタン信仰の土地であっただけだったという物語。

いつもながら権力者はとことん無能で鼻持ちならず、対する主人公たちはあくまでも聡明で、もうほんとに読んでてギギギ…って感じ(爆)
どう見てもこっちが正しいことを言ってるのに、権力者が自己の利益や保身のために事実を揉み消したり踏み潰したり捏造したりするのがほんとアタマにくるわ!!

しかし今作は、途中から個人の心情を追うことはせずに、客観に徹して蜂起の状況と戦いの様子を丹念に描写しているので無念度はやや抑えめです。
城攻めの仕方とか武器の使い方とかフーンって感じで、歴史資料を読んでるようで興味深い。

まあ、事実上蜂起の張本人といえるジュアンが、いよいよ民衆が盛り上がってきたところで勝手に虚無を感じてさっさと離脱しちゃったのにはおいコラちょっと待てや!って感じでしたけど。納得いかないわ~。戦え!!(←鬼)

納得いかないといえば、なんで幕府はキリシタン信仰を禁止したんですかね。
表向きは外国の勢力が力を持つのを防ぐためってことですけど、これ読んでるとキリシタンというのはとにかく「耐えろ、赦せ」がモットーだと。
地上での苦しみに耐えれば耐えただけ天国に行ったときに幸せになれるというのが教義なので、藩主がどんな横暴を行おうと逆らわずにただ黙って従えと。

だったらそのままにしておけばよくない?

為政者としては何をやっても我慢してくれる、そんな羊のようにおとなしくなる教えならかえって都合がいいじゃない。黙って広めておけばいいのに。と思うんですけれども。
というか、だから実際に西洋ではキリスト教を国教として信仰させて、政治安定の基盤にしたわけよね。

なんで日本はそれをしなかったのかしら。そういう教義だということがきちんと把握できてなかったんだろうか。

といったら、歴史に詳しい友人が、いやーやっぱ信仰のある人たちはいっぺん火がつくと熱狂するからね。幕府は一向一揆でこりてたんだよ。と解説してくれました。

確かに、このお話を読んでも、結末は全滅だとわかっていても立ち向かっていく蜂起勢の熱狂はまさに信仰あるがゆえで、「先を争って海に駆け込み次々と溺れ死ぬ鼠の一群」そのもの。
そういう得体の知れないパワーはたしかに警戒すべきと映るんだろうけど、

そんなの為政者がちゃんと舵取りをしさえすればいいことじゃん!

結局は権力者側の歪んだ欲望や無能さが、まじめに日々を生きている農民たちや物事を正確に見きわめている聡明な人々を苦しめてるんじゃん!

ということで、やっぱり今回もいつものパターンなのでした。
なんていうか、戦う相手が大きすぎてどこを糾せばいいかわからないというか、しょせん一個人の力ではどうにもできないものが敵なところがまたジレンマなのよね。。

2009年5月

| | コメント (0)

襲撃待機

クリス・ライアン 【早川文庫】

ときどきものすごく読みたくなる襲撃モノ。
主人公は英国SAS軍曹で、北アイルランドでの対テロ活動から南米コロンビアでの作戦行動まで活動は広範囲にわたり、合間に各種訓練の様子や装備の説明も盛りだくさん。
超満足。

襲撃モノの何が好きかというと、非常ーに理路整然としてるところ。
目的があって、それに対してデータを収集し、作戦を立てて必要なものを準備して行動する。何かひとつでも誤解やミスがあるとゲームオーバー、ということで、なんかこう、シミュレーションゲームみたいなんですよね。

これも作者は元SAS隊員ですごくおもしろかったんだけど、それにしても私の偏愛するアンディ・マクナブのニック・ストーンシリーズの新刊はまだでしょうか訳者さま。(→この作品と同じ伏見威蕃)

実体験に裏づけられたディティール描写が売りという点でテイストは似てるんだけど、主人公の性格でだいぶ違います。
ニックはほんとに何かが欠落してるというか…びしょ濡れの犬(→子犬じゃなくて成犬)みたいな哀れっぽさとしぶとさがほっとけないって感じなんですが、このお話のジョーディはもっとずっとまとも(笑)です。人間関係もちゃんとつくれて、明るくて感じがいい。女子にもモテてるし。

というか、ジョーディはあくまでもチーム行動だけどニックは基本単独行動だからか?
まあとにかくニック・ストーンが好きなんです。早く続きをお願いします!

2009年5月

| | コメント (0)

密謀

藤沢周平 【新潮文庫】

上杉景勝に仕えた知将・直江兼続の物語。
ちょうど大河ドラマでやってますが、あれの直接の原作ではありません。作者らしく、忍びの話なんかも織り交ぜて読みやすくなっております。

ちなみに大河ドラマのほうは、どう見ても能力的に勝っている景虎さまが北条の子だというだけで迫害されて景勝に追い落とされるのが不憫で(;_;)御舘の乱のあたりから見てないんですけれども。

そしたらこのお話の中で兼続が、「景虎のほうが優れていることはたしかだけど彼の清明さは華やか過ぎる。この越後の地には景勝のように地味でもっさりした男が合っている(超意訳)」といってる場面があって、ちょっと慰められました(爆) 確かにそういうことはあるかもしんないわ。
ああでも景虎さま側に兼続がいれば…!と思わずにはいられません。タマテツもかっこよかったわ。。

えー、小説のほうに戻りますと、ちょうど時代の傍流という感じでおもしろいですね。
本能寺の変のときも関が原の戦のときも上杉は参加してなくて、時代がどんどん動いていくのをじっと見ているという。それだけに全体像がわかりやすい感じです。

主流で語られるときには悪役になりがちな石田三成がけっこういいヤツに描かれてるのも傍流ならではでしょうか。だから大河では小栗旬なのかと納得したわ。「へうげもの」(山田芳裕/モーニングKC)の三成はどう見たってやなやつですが。(笑)

いつも思うことですが、歴史なんて誰目線で語るかによって全然ちがってくるものよね。
勝てばいつでも官軍だけど、目線を変えれば官軍にだってダークサイドはあるし、賊軍にだって美談はある。両方知らないとorそういうものだと思ってないと偏るよね。

ところで、信長~関が原という歴史上でも超メジャーなあたりのお話だからということもあるのか、若干説明不足というか細かいところははしょってる感じが。「この人のことは知ってますよね」「この戦のことは知ってますよね」という前提で進んでるところがけっこうあるような気がしました。その辺が藤沢周平なのか。

私は世界史選択だったので実は日本史はあんまりなんですけれども。といっても、じゃあ世界史はバッチリなのかと言われるとそうでもないんですけれども。
なので若干ああ~ん?というところもありましたが、まああまり説明が細かくても飽きるのでこんなもんか。あくまでも歴史小説ではなく歴史時代小説です。

って私、この巻末で初めて歴史小説と時代小説の違いを知りましたよ。
歴史小説は史実に沿った再現小説で、時代小説はその時代を背景にしたフィクションということだそうです。なるほど納得。

2009年4月

| | コメント (0)

チャイルド44

トム・ロブ・スミス 【新潮文庫】

スターリン体制下のソ連。不可思議な児童連続殺人犯の存在に気づいた国家保安省捜査官レオが単身で捜査に臨む。

この事件だけでも十分おもしろそうですが、さらに時代設定が時代設定なわけで、彼には何の捜査テクニックもないばかりか、そもそも夢の共産国に猟奇殺人犯なんかいちゃいけないので、国家としてはそんな殺人事件はないことになっている。

そこをあえて捜査する以上、主人公は国家反逆罪になってしまうんですね。
さらに彼を執念く嫌う同僚もいたりして、なんかもう大変です。
警察ものでもあり冒険ものでもありサイコものでもあるって感じでドッキドキ。
さすがは英国イアン・フレミング賞受賞作。

主人公が(途中でちょっと目覚めるとはいえ)特に自分たちの体制に疑問を感じたりしてないところがクールです。欺瞞に満ちた国家に不信を感じて立ち上がる!みたいな熱さはなくて、あくまでも自己を護ろうとする中で結果的に反逆者になり、殺人犯を追うことになっていく。

そこに説得力があって、なんか改めて、たとえ国家が全体主義であっても、そこに生きてる個人個人は私たちと同じなんだなあと。

己の保身のために家族隣人を密告するなんてひどい民衆だと思ってしまうけど、その社会システムではそれが当然なら、善し悪しは別として、やっぱやるんだろうなあ。
ネットオークションで2,000円のチケットを2万円で売るなんてひどいと思いつつ、まあ世の中ってそういうもんだと黙認するのとなんか似てると思う。
民衆はつねに、その枠の中で精いっぱい利を得ようとするわけで、それは民衆の質がいいとか悪いということではないんだなと。つか話が飛躍しすぎですね私。

あと、これは英国人作家の小説なんですが、ヨーロッパの人にとってのソ連(ロシア)って思ってたよりも北朝鮮なんだなと。

私の中ではロシアは中国と同列なイメージで、まあなんかいろいろ怪しいけど一応意思疎通はできる国という印象だったんですが、ヨーロッパの人はもっと差し迫った不気味さというか異常性を見ているように感じました。まあソ連だとやっぱそうなるか。

そうすると、将来もし北朝鮮が国を開いて曲がりなりにも国際社会の一員となったとしたら、アジアはあの国をどんなふうに見るようになるのかなあ。
ある意味、今みたいにひきこもってるのよりも気持ち悪い、怖いと感じるのかもしれないわ。…つか妄想が飛躍しすぎですね私。

2009年4月

| | コメント (0)

向田邦子まつり

初めて読んだ向田邦子は「父の詫び状」(講談社文庫)
さらりとしたエッセイ集なんですが、なにこれ泣ケル…!
可笑しくてクスクス笑っちゃうのに、まさにお天気雨のように涙が出ました。

きょうだいが多くてごちゃごちゃしてる感じとか、お父さんの見えないところで女同士で目配せし合う感じとかがウチの家族にも通じるとこがあるのよね~。家族ネタで泣いちゃうのはあれか。トシのせいか。

実際のエピソードを描いているのに、その中に包まれたほんとうの主題というか、作者の言いたいことが非常に存在感を持って感じられる。それでいて小賢しさを感じないのは語り口の品の良さですね。

「あ・うん」(講談社文庫)は、むかしドラマを見た記憶が。小林薫が出てたやつ。
むかしのひとの潔さ、慎み深さ、美しさがすがすがしいです。

自分の妻に思いを寄せる親友のことを、夫が「惚れてるなんて言っちゃ気の毒だ、あれはおもってるっていうんだ」と言うセリフにぐっときました。繊細だわ。

「眠り人形」「蛇蝎のごとく」(講談社文庫)はドラマのノベライズで、向田邦子の手になるものではありませんでしたが、ドタバタしつつもほろりとさせる、まさに「おはなし」。

ところで、「蛇蝎のごとく」のほうは不倫話なんですけど、この不倫相手の男が全然まったく納得いかないんですけれども!!!
ちゃらちゃらしてて、端から「これは遊びなんで~」とか言い放つし!
何度も言いますけど浮気相手を妊娠させる男は問題外!私が認める不倫は本当に恋に落ちちゃった場合のみ!!遊びの浮気は肯定しません!!!

てことでなんかすっきりしなかったんだけど、この役は津川雅彦がやったそうで、ん~役者によっては説得力が出るキャラなのかしら。。とちょっとドラマを見てみたくなったのでした。
私の脳内イメージでは石田純一で(ベタだわ・笑)まったく許容できなかったんですけど。

そして「思い出トランプ」(新潮文庫)はまさに珠玉の短編集…!
読んだ後になんだか胸がざわつくような。なんとなくイヤな感じが残る。
でも、薄く残ったシミは見ようによっては哀しいようでもあり切ないようでもあり。

なんていうんだろう。巧いんだけど、巧いというより…深いというのかしら。

ひょっとすると当時としてはかなりきわどいことを描いてるのかなあと思います。
私は最近の女流作家はみんな意地悪過ぎるというか露悪的に過ぎる気がしてあんまり好きじゃないんですが、30年前には向田邦子もそう思われてたのかも。。
つまり、それだけ鋭いってことなのね。

2009年3月

| | コメント (0)

深海のYrr

F.シェッツィング 【早川書房】

長かった…。

確かに盛りだくさんな内容ではありますけど…。もうちょっとコンパクトになんなかったのかと。つかなんか進まないんだよ。どんどん読み進まないのはなぜなんだぜ。また訳のせいにしちゃうか?

クジラをはじめとする環境保護ネタを下地に、じわじわと迫る謎を描く第1部。
一転して津波と感染爆発でパニックものの様相を呈する第2部。
地球防衛軍(笑)が立ち上がり、SFドラマの第3部。
そしてお約束のハリウッドアクションになだれ込む最終章。

こう説明すると面白そうですね。いや面白かったですけれども。

でも長いよ!

基本的にはまさに映画のノベライズみたいな書き方で、いろんな人たちがあちこちで同時に動くのを短いカットでどんどんつないでいく「24」形式。ほんと流行ってんだなこれ。

しかしその間に膨大なデータ&資料が入ってくるので(これ自体はとても興味深いんですけど)そのドラマ部分がそもそも何だかブツ切りな感じ。

なので、登場人物たちの私的エピソードに至っては非常ーに唐突な感じで、キャラに深みを持たせようとしてるんだろうけど逆に中途半端な印象。しかもみんな結構あっさり死んじゃうし。
私的な背景設定の説明とかは省いて、ドラマの中で行動してる姿のみでキャラ立てしたほうがよかったんじゃないでしょうか。老婆心ながら。

つか、一貫して話の軸になる主人公がいないから話に入りにくかったのかも。
いちおうアナワクがそうなんだろうけど、存在感薄すぎるよ!共感しにくかったよ!

でも話自体は面白かったです。古くから親しまれてきた?アメーバ状で人間を襲う謎の物体Xを科学的に立証してみました的な。こういう理論であれば存在可能です、と。うーんSFだ。

それにしても、これドイツ人作家の小説なんですけど、アメリカ小説とはやっぱり大分おもむきが違って興味深かったです。なんたってアメリカがすごい悪役だし(笑)

とはいえ、ヨーロッパもたいがい独善的だなと。アメリカの独りよがりは今さら言うまでもないけど、ヨーロッパも全然まけてないと思いましたよ。

アメリカが「オレに任せろ!」とゴリゴリやるのを冷ややかに眺めてて、成功すればそれでいいけど実は失敗すればいいのにとひそかに願ってるような。
心の底では、「正しいことを正しくやれるのは結局オレしかいないんだよな」とか思ってそうだよ。

この話のテーマでもある環境保護にしたって、なんか独善的なのよね。
とにかく人間がしっかり監視してコントロールしないといけないんだ!みたいな。
つくづく、あの人たちにとって自然というのは食うか食われるか、支配するかされるかという、闘う対象なんだなと思います。

そもそも環境「保護」だもんね。どんだけ上から目線なのかと。
彼らにとっては「自然との共生」というのはかなり新しい概念なんでしょうね。

でもアジアに言わせれば、そんなもんウチら昔からやってますっつの。
海とも山とも動物ともバランスとってやってきて、クジラだってクマだって根こそぎ獲ったりしてなかったっつの。
それだって別に環境保護なんて考えじゃなくて、あくまでも生きとし生けるもののいのちを尊重するという精神からですから。
もちろん現代社会においては変わってきてるところもあるけど、そもそものスタンスが全然ちがうよね。

つまり何が言いたいかというと、
あんたたちにクジラとるなとか言われたくないってことよ!

2009年2月

| | コメント (0)

フロスト気質

R.D.ウィングフィールド 【創元推理文庫】

このあいだ1作目を読んで、いきなりシリーズ4作目。
読む順序が前後してしまいましたが問題なし。多分。

上下巻。プロットは複雑に錯綜し、大きいものだけで3つの事件がノンストップで同時進行します。不眠不休のフロスト警部といっしょに読んでるほうもフラフラになるよ!読み始めたらとまらないし!

1作目は古き良き英国の雰囲気でしたが、この作品の刊行までに10年の歳月が経ってることもあってか、だいぶ世相が厳しくなっております。コンピューターや携帯電話も出てくるし、発生する事件も何だかやるせない感じ。

殺人犯にもちゃんと理由があって本当に邪悪なだけのやつは誰もいないというのは前作と同じですが、事件自体がより悲惨で背景も現代的になっています。

とはいえ、フロスト警部のお下品&適当っぷりは健在。
今回は身内にいじめっこ(笑)が2人いて、プレッシャーがかなりきつくてちょっとかわいそうですが。あ、邪悪なだけのヤツがここにいたじゃん。。

思わず笑ってしまうボケの数々は見習いたいところ。?
頭脳明晰なようでいて実はただの思いつき。でもそれを押し通すことで強引に真相にぶち当たる泥臭さは応援せずにはいられないわ!

2008年12月

| | コメント (1)

クヌルプ

ヘルマン・ヘッセ 【新潮文庫】

これは…現在の私のキリギリス人生を肯定してくれるようでもあり、将来について警告するようでもあり…ビミョーな感じ。あくまでも現在のわたし的に。

とても詩的な物語で、まさに蝶々の一生を語るよう。
ただ美しいだけのクヌルプの生き方に全面同意してしまう芸術至上主義の私がいると同時に、そのはかなさに暗くなってしまう私もおります。

彼のような人はある意味理想なんだと思う。
こういう男が好きというのではなくて、こういう人間に私はなりたい。イヤなりたくないけど。野垂れ死には嫌だ。。

2008年12月

| | コメント (0)

数学的にありえない

アダム・ファウアー 【文藝春秋】

上下巻。いちおう数学(確率論)がベースになってますが知的サスペンスというよりはむしろプリズンブレイクな感じ。理詰めで計画を立てて先回り先回り、みたいな。どんどん話が進んでいくのは「24」っぽくもあって、こういう感じが流行ってるんだな~と思います。ちょうど4~5年前の発表だし。

ちょいネタバレになりますが京極堂ばりの叙述トリック(笑)もあって、エンタテインメントとしては上々。チラチラ入ってくる数学ネタも難しすぎずいい感じです。実際にはストーリーはSFに近いけど。

わたし的には、前々から思ってた仏教の世界観がSFっぽいことの謎がこれでなんとなく解けたような気がしました。
命をエネルギーとして考えるということはすなわち数式であらわせるということで、そうすると量子物理学にも相対性理論にもリンクできてしまうんですね。詳しいところはさっぱりわかんないけどすごいぞ仏教。

そう考えると東洋思想っていうのは根っこの部分で数学的なんだなあ。
なんとなく神秘的に感じるのは宇宙に通じているからなのか。

2008年12月

| | コメント (0)

«恩讐の彼方に 忠直卿行状記ほか8編