« チャイルド44 | トップページ | 襲撃待機 »

密謀

藤沢周平 【新潮文庫】

上杉景勝に仕えた知将・直江兼続の物語。
ちょうど大河ドラマでやってますが、あれの直接の原作ではありません。作者らしく、忍びの話なんかも織り交ぜて読みやすくなっております。

ちなみに大河ドラマのほうは、どう見ても能力的に勝っている景虎さまが北条の子だというだけで迫害されて景勝に追い落とされるのが不憫で(;_;)御舘の乱のあたりから見てないんですけれども。

そしたらこのお話の中で兼続が、「景虎のほうが優れていることはたしかだけど彼の清明さは華やか過ぎる。この越後の地には景勝のように地味でもっさりした男が合っている(超意訳)」といってる場面があって、ちょっと慰められました(爆) 確かにそういうことはあるかもしんないわ。
ああでも景虎さま側に兼続がいれば…!と思わずにはいられません。タマテツもかっこよかったわ。。

えー、小説のほうに戻りますと、ちょうど時代の傍流という感じでおもしろいですね。
本能寺の変のときも関が原の戦のときも上杉は参加してなくて、時代がどんどん動いていくのをじっと見ているという。それだけに全体像がわかりやすい感じです。

主流で語られるときには悪役になりがちな石田三成がけっこういいヤツに描かれてるのも傍流ならではでしょうか。だから大河では小栗旬なのかと納得したわ。「へうげもの」(山田芳裕/モーニングKC)の三成はどう見たってやなやつですが。(笑)

いつも思うことですが、歴史なんて誰目線で語るかによって全然ちがってくるものよね。
勝てばいつでも官軍だけど、目線を変えれば官軍にだってダークサイドはあるし、賊軍にだって美談はある。両方知らないとorそういうものだと思ってないと偏るよね。

ところで、信長~関が原という歴史上でも超メジャーなあたりのお話だからということもあるのか、若干説明不足というか細かいところははしょってる感じが。「この人のことは知ってますよね」「この戦のことは知ってますよね」という前提で進んでるところがけっこうあるような気がしました。その辺が藤沢周平なのか。

私は世界史選択だったので実は日本史はあんまりなんですけれども。といっても、じゃあ世界史はバッチリなのかと言われるとそうでもないんですけれども。
なので若干ああ~ん?というところもありましたが、まああまり説明が細かくても飽きるのでこんなもんか。あくまでも歴史小説ではなく歴史時代小説です。

って私、この巻末で初めて歴史小説と時代小説の違いを知りましたよ。
歴史小説は史実に沿った再現小説で、時代小説はその時代を背景にしたフィクションということだそうです。なるほど納得。

2009年4月

|

« チャイルド44 | トップページ | 襲撃待機 »

は行の作家」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。