« 襲撃待機 | トップページ | 朗読者 »

出星前夜

飯嶋和一 【小学館】

この人の書く話はいつも、聡明な正義の人が理不尽な目にあって死ぬという、こう言うと身も蓋もないんですけどまさにそんな感じなんです。

しかも今作は島原の乱をテーマにしてると聞いたら、もう読む前から気が重いわ。。

ほんとに嫌々ながら読み進めるんだけど(笑)、それでも最後まで読むのは、読んだらきっといいことがあるとわかっているから。
いいことというか、読んだほうがいい、読むべきという感じです。

歴史に名高いキリシタン一揆である島原の乱は、じつは藩主の苛政に追い詰められた民衆による死を賭した反抗であり、それがたまたまキリシタン信仰の土地であっただけだったという物語。

いつもながら権力者はとことん無能で鼻持ちならず、対する主人公たちはあくまでも聡明で、もうほんとに読んでてギギギ…って感じ(爆)
どう見てもこっちが正しいことを言ってるのに、権力者が自己の利益や保身のために事実を揉み消したり踏み潰したり捏造したりするのがほんとアタマにくるわ!!

しかし今作は、途中から個人の心情を追うことはせずに、客観に徹して蜂起の状況と戦いの様子を丹念に描写しているので無念度はやや抑えめです。
城攻めの仕方とか武器の使い方とかフーンって感じで、歴史資料を読んでるようで興味深い。

まあ、事実上蜂起の張本人といえるジュアンが、いよいよ民衆が盛り上がってきたところで勝手に虚無を感じてさっさと離脱しちゃったのにはおいコラちょっと待てや!って感じでしたけど。納得いかないわ~。戦え!!(←鬼)

納得いかないといえば、なんで幕府はキリシタン信仰を禁止したんですかね。
表向きは外国の勢力が力を持つのを防ぐためってことですけど、これ読んでるとキリシタンというのはとにかく「耐えろ、赦せ」がモットーだと。
地上での苦しみに耐えれば耐えただけ天国に行ったときに幸せになれるというのが教義なので、藩主がどんな横暴を行おうと逆らわずにただ黙って従えと。

だったらそのままにしておけばよくない?

為政者としては何をやっても我慢してくれる、そんな羊のようにおとなしくなる教えならかえって都合がいいじゃない。黙って広めておけばいいのに。と思うんですけれども。
というか、だから実際に西洋ではキリスト教を国教として信仰させて、政治安定の基盤にしたわけよね。

なんで日本はそれをしなかったのかしら。そういう教義だということがきちんと把握できてなかったんだろうか。

といったら、歴史に詳しい友人が、いやーやっぱ信仰のある人たちはいっぺん火がつくと熱狂するからね。幕府は一向一揆でこりてたんだよ。と解説してくれました。

確かに、このお話を読んでも、結末は全滅だとわかっていても立ち向かっていく蜂起勢の熱狂はまさに信仰あるがゆえで、「先を争って海に駆け込み次々と溺れ死ぬ鼠の一群」そのもの。
そういう得体の知れないパワーはたしかに警戒すべきと映るんだろうけど、

そんなの為政者がちゃんと舵取りをしさえすればいいことじゃん!

結局は権力者側の歪んだ欲望や無能さが、まじめに日々を生きている農民たちや物事を正確に見きわめている聡明な人々を苦しめてるんじゃん!

ということで、やっぱり今回もいつものパターンなのでした。
なんていうか、戦う相手が大きすぎてどこを糾せばいいかわからないというか、しょせん一個人の力ではどうにもできないものが敵なところがまたジレンマなのよね。。

2009年5月

|

« 襲撃待機 | トップページ | 朗読者 »

あ行の作家」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。